お仕事レクチャー「精肉」~前編~

お仕事レクチャー「精肉」~前編~ イメージ

鶏、豚、牛のブロックや薄切り、挽肉、ソーセージなど、

スーパーマーケットの精肉コーナーには、さまざまな種類の商品が置いてあります。

店ではよく目にする商品でも、その商品がどのように加工されているのか、

精肉の仕事をしている人は具体的にどういうことをしているのか、

知っている人は少ないのではないでしょうか。

お肉をスライスして、ハムやソーセージは賞味期限を管理して…

くらいは浮かぶと思いますが、実は精肉を加工(スライス)するにも

手順があり、マニュアルがあります。

 

ここでは、スーパーマーケットの精肉部門に未経験で入社し、アルバイトとして

12年間働いた男性に、仕事の内容や流れややりがいについてお話しを聞きました。

 

 

精肉のお仕事は、興味を持った時が始め時!

どんなお仕事でも応募する時に気になるのは、どんなスキルが

必要かということだと思います。でも精肉のお仕事は、未経験でも大丈夫!

経験者を募集していない限り、スキルは必要ありません。

多少の体力や腕力は必要になりますが、包丁を扱ったことがなくても

やる気と根気さえあれば始められます。

ただ食品を扱う仕事全般にいえますが、衛生面で清潔さは必要です。

長い爪は短く切り、アクセサリーははずしてお仕事に入ります。

 

1日のお仕事の流れ ~午前~

精肉のお仕事は、朝が中心になります。まず、荷下ろしをして、

迅速に冷蔵庫や冷凍庫に入れます。その後、売場の商品の減り具合を見て、

どこから補充すればいいかを確認。売れ筋の商品が置いてある、

棚の下段から埋めていきます。

薄切り肉を加工する時に使うスライサーや、

挽肉を作る機械・ミートチョッパーの準備が出来たら、

原料の成形と加工を始めます。成形とは原料の脂身を削ったり、

リンパ節を取ったりする作業をさします。

一方、加工は包丁やスライサーで切る作業のことをさします。

鶏肉の加工は包丁を使用し、もも肉や胸肉のドリップを取ったうえで、

唐揚げ用などに加工していきます。

 

豚、牛肉は塊で入荷するので、それを成形します。

豚肉を例に挙げると脂身を基準値まで削り、血合いと見栄えの悪い

リンパを取ります。挽肉用の肉は、機械に入れる際にある程度

解凍されていないといけないので、前日から準備しておきます。

精肉のお仕事が未経験の場合、まずは値付け、品出しからスタートします。

肉がのったトレーをオートパッカーという機械に置くと、

自動的にラップと値付けをしてくれます。その後は、台車に乗せて品出しをします。

 

~午後~

午前中にどれだけ売場に商品を出して、ストックを作れるかで

午後の作業が変わってきます。朝、原料が到着しなかった場合は仕分けをし、

午前中でひと段落している場合は、発注や売れた商品の補充、

夜用のストックを作っておきます。夜の来客のピークが過ぎたら、

商品の陳列を整え、売れなかった商品の値引き、清掃などをします。

 

 

1日のざっとした流れはこのようになっています。

後半では、使用する機械やお仕事の詳細について紹介します。

お役立ち情報の一覧へ