お仕事レクチャー「惣菜」~後編~

お仕事レクチャー「惣菜」~後編~ イメージ

中編でお伝えしたとおり、惣菜のお仕事は複数のポジションがあります。

ここでは、惣菜の仕事がどういう順番で広がっていくのか、

製造のほかにどういう仕事があるのかなどをお伝えします。

 

サラダから天ぷらまで、作る商品は50種類以上

製造のお仕事は、先に書いたようにいくつかのポジションに分かれていて、

その日のメンバーのスキルによって担当するポジションが決まります。

多くの場合、一人が2~3つのポジションは覚えられるよう

にローテーションをし、スキルアップしていきます。

入社したばかりの未経験者はサラダから始まり、フライ、弁当、

焼き鳥、天ぷら、寿司と仕事の幅が広がっていきます。

売場面積にもよりますが、1日に作る商品数は50~60程度。

天候や前年比のデータなどを考慮しながら製造していきます。

 

また、惣菜の製造は寿司やサラダを作るポジションと、

フライヤーで油を使うポジションとでは部屋が分かれています。

サラダなどを製造する部屋は、室温が18℃以上にならないように管理されています。

 

製造以外の付帯業務 値付け、品出し、対面販売

店で売られている惣菜の商品の多くには、商品名や

金額が印字されてあるシールが貼られています。

このシールはプリンターラベラーという機械に、商品ごとに

割り当てられている番号を入力すると、売価や添加物、消費期限などが

印字され出てきます。それを商品に貼り、売場に出すのが値付けと品出しです。

 

対面販売は、売場でお客様に声かけをし、

試食により商品の味を知ってもらい、売り込みます。

このお仕事をする人をマネキンといいます。

 

惣菜のお仕事をするうえで、注意したいこと

食品を製造する仕事では、衛星面で注意が必要です。

髪の毛は長くても制服の帽子や三角巾、ネットの中にしまうので

問題はありません。しかし、アクセサリーに関しては

結婚指輪であっても、指と指輪の間に雑菌の残りやすく、

食中毒が発生する可能性があるためはずさなくてはなりません。

ネックレスも制服から見えないところに着けていても、

調理中に切れて異物混入につながる恐れがあるためはずします。

 

また、臭いにも注意が必要。特に体臭は品出しなどで売場に出た際に、

お客様に嫌悪感を与えてしまう可能性があります。

香水や香りの強いシャンプーも避けた方がいいでしょう。

制服は、レストランのシェフが着ているような白衣のほか、

頭巾やネット、靴が支給されます。

 

惣菜のお仕事は、自分が作ったものを買ってもらえる喜びや、

お客様に喜んでもらえたことでやりがいを感じることが出来ます。

お客様に商品の味を伝えるための試食も多く、

食に関心がある人にとっては楽しみが多い仕事といえます。

2年勤務すると調理師の受験資格である「実務経験2年以上」という

条件を満たし、履歴書に書ける資格を得る可能性が広がるでしょう。

お役立ち情報の一覧へ