ベンチャー企業×青果店

ベンチャー企業×青果店 イメージ
目利きの仕方を教わり選んだ秀玉(写真・左)と秀峰。

個人経営の八百屋が減っていくなか、東京で店舗数を

拡大している青果店があります。ベンチャー企業・アグリゲートが

生産、流通、小売りまでを一貫して手掛ける「旬八青果店」がそれです。

2013年、目黒に1号店を開店させ、現在は15店舗。

規格外の大きさや珍しい種類の野菜や果物も、新鮮さ美味しさを

“ウリ”にして人気を集めているのだそう。都会にありながら、

旬のモノを適正価格で販売する青果店とはどんな感じなのか、

ほぼ毎朝、果物を食べている本社 Nが行ってきました。

 

中目黒駅から徒歩13分。山手通り沿いにある目黒警察署前店。

午前中に訪れたせいか、小さな店舗にお客さんはまばら。

商品も届いたばかりのようで、店員が品出しをしている最中でした

来るのが早かったかなと思いつつ、並べ終えられた感がある

フルーツコーナーを端からチェック。一つ一つ重ならないように、

フルーツが美人に見える並べ方をしています。

 

見始めるとすぐに「今出しているところなので、欲しいものがあったら

言ってください」と店員が声をかけてくれました。非常にやる気がある感が

漂う方だったので旬のものを聞いてみると、今は夏と秋のものが

入れ替わりの時期で、すももや桃が終わりかけ、梨や葡萄が出てきていて、

あと少しすると柿がくるとのこと。そんななかお勧めを聞くと、

豊富な知識と情報量ですべての果物の良さを語ってくれました。

結局いちおしが分からなかったので、強く推されたように感じた

福島県産の梨「秀玉」(¥280 税抜き 以下同)と、甘みと酸味が

絶妙なバランスだという長野県産のネクタリン「秀峰」(¥280)を購入。

「たまに味がまったくしない梨がありますので、そういうのに当たった場合は

交換します」と店員。傷みがあるなら分かるけど、味がしない場合も!? 

驚きつつ、店を後にしました。

 

帰りに中目黒駅近くにあるスーパーマーケットに寄り、価格差をチェック。

買ったものと同じ品種がなかったため、いま自分の中で流行っている

シャインマスカットで比較。旬八青果店が¥1300円、スーパーが¥1280と

スーパーの方がお得。ただ鮮度や形に関しては、ウリにしているだけあり

旬八の方が断然美味しそうに見えました。会社や自宅の近くにあったらいいのにな。

 

旬八青果店のHPはこちら

スタッフブログ 猫のお散歩の一覧へ